キリンの赤ちゃん

【お悔やみ】天王寺動植物園
令和2年4月7日(火曜日)に天王寺動物園でメスのキリンが1頭生まれましたが(令和2年4月7日発表済)、令和2年4月14日(火曜日)に亡くなりました。
 4月14日(火曜日)8時頃には元気な姿を確認していましたが、11時25分にくずれるように倒れ、低体温の症状が見られたため、電気毛布での保温や補液などの処置を行いました。しかし、同日15時3分に亡くなりました。死因は現在調査中です。
 なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止により当園は現在休園しているため、献花台は設置しません。
 当園はコレクション計画(注1)に基づき、レッドリスト(注2)の危急種にカテゴリーされているキリンの繁殖に取り組んでおり、今回生まれたキリンの父親は平成25年4月に姫路セントラルパークからブリーディングローン(注3)で借り入れた幸弥、母親は平成26年5月に近畿日本鉄道株式会社(現:近鉄グループホールディングス株式会社)から寄贈されたハルカスで、このペアでの繁殖は今回が2回目でした。